葛飾区の出張写真撮影

葛飾区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張 撮影 葛飾区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは葛飾区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

≪地域情報≫

出張 写真 葛飾区

葛飾区の概要
区内には、山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズで知られる柴又帝釈天や、江戸期の菖蒲文化を伝える堀切菖蒲園、秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で有名になった亀有(亀有公園はあるが、派出所が併設されていたことはない。公園に一番至近の実在の派出所は亀有駅前派出所)がある。近年は松戸や船橋・三郷の都市開発によって、「隣接する葛飾区の土地や家賃も安く、より都心に近い」という理由で移り住む住民も多く、23区内でありながら東京都民のベッドタウン的な要素も持つ。

 

葛飾区の沿革
1868年(明治元年) 武蔵知県事の管轄となる
1869年(明治2年)1月18日 小菅県が新設されこれに属し、小菅県庁を葛飾郡小菅村に置く
1872年(明治5年)2月8日 小菅県を廃し、東京府葛飾郡となる
1878年(明治11年)11月2日 東京府、「葛飾郡」の地称を廃し、東京府南葛飾郡となる
1889年(明治22年)5月1日 町村制施行により、現葛飾区域内に新宿町、金町村、奥戸村、水元村、亀青村、南綾瀬村、立石村の1町6村が誕生する(金町村、奥戸村、南綾瀬村、立石村はのちに町制)
1890年(明治23年)5月10日 立石村を本田村と改称する(のちに町制)
1932年(昭和7年)10月1日 5郡82町村が東京市に編入され、上記の5町2村は東京市葛飾区になる
以降、1937年(昭和12年)3月31日まで千葉県に同名の葛飾町があった(現在は船橋市の一部)
1943年(昭和18年)7月1日 東京府・東京市が廃止され、東京都葛飾区となる

 

葛飾の名称について
葛飾の名称は現在の葛飾区の地域固有のものではなく、葛飾とはもともと下総国葛飾郡一帯の広大な地の総称であった。この場合の「葛飾」とは、中央付近を概ね現在の千葉県市川市付近とし、北を埼玉県北葛飾郡、西を東京都葛飾区や墨田区・江東区の東部、東を茨城県古河市、南を江戸川区や浦安市付近とする一帯で、古くは万葉集などにもその地名が登場している。

 

葛飾区の町名
・水元地域
西水元、東水元、水元、南水元
・金町・新宿地域
金町、金町浄水場 、東金町、新宿
・柴又・高砂地域
鎌倉、柴又、高砂、細田
・亀有・青戸地域
青戸、亀有、白鳥、西亀有
・南綾瀬・お花茶屋・堀切地域
お花茶屋、小菅、東堀切、堀切
・立石・四つ木地域
宝町、立石、東立石、東四つ木、四つ木
・奥戸・新小岩地域
奥戸、新小岩、西新小岩、東新小岩